マウスガードの必要性

mouth05.jpg 

スポーツにケガはつきもの

マウスガードは、ケガからスポーツ選手を守るためにロの中に装着する弾性のある保護装置です。

装着することで、外力から歯・ロ・顎を守るほか、頭を安定させ、脳や脊髄への衝撃をやわらげ、運動パフォーマンスの向上に役立つことが実証されています。

マウスガードを装着して、安全にスポーツを楽しみましょう。

TOP 

口腔のスポーツ外傷

動きの早いスポーツや、.コンタクト(接触)の多いスポーツでは、とくに顎やロのケガが発生しやすくなっています。


mouth03.jpg 

<顎の骨折>

正面からの外力による下顎の骨折は、主に歯列の中央部で多く見られます。
  

 

mouth04.jpg


 

<歯の脱落>

歯が抜けたり、折れたりした時には、必ず周囲の歯に影響を与えています。

 

mouth07.jpg 

 

<歯の損傷>

大きなダメージを受けなくても、歯が簡単に欠けることはよくあります。

TOP 

一人一人のマウスガード

市販されている簡易型のものは、口を開けると落ちてしまったり、正しく咬み合えずに顎関節を痛めるなど、かえって危険な場合があります。

歯科医院で精密に作るものが安全です。ひとり一人の顔が異なるように、ロの中も千差万別、また、スポーツの種類も色々です。

自分のロに合ったマウスガードを使用することによって、より高い装着感が得られ、会話もしやすくなり、試合や練習への集中力もアップします。

 

スポーツにおいては、競技力を強化することも重要ですが、メディカルサポート、つまり外傷や障害を防ぐことも大切です。

マウスガードは、メディカルサポートの見地から必要不可欠な装置として、多くのオリンピック選手も練習中には必ず着用しています。

ボクシング、野球はもちろん、最近ではバスケット、サッカー、アイスホッケー、ラクロス、ラグビー、空手、柔道、重量挙げ、ハンマー投げ、スキー、テニス、ライフルなど、あらゆるスポーツに使用されています。

TOP 

 

 

 

マウスガードの効果

mouth06.jpg

 

スポーツ先進国であるアメリカの歯科医師会は、合衆国内でおこなわれる試合中に、マウスガードを装着することで年間で20万件以上のロ腔領域スポーツ外傷を防いでいると報告しています。

日本においても、スポーツ歯学の学会で、あらゆるスポーツにその有効性が実証され、高い評価を受けています。

TOP 

新着記事一覧