総入れ歯

総入れ歯とは?

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療になります。

健康保険適応の総入れ歯はプラスチックのものしかありませんが、保険外の総入れ歯には様々なタイプのものがあります。

 

当医院の総入れ歯の作り方 

お持ちの総入れ歯があれば、その不具合をなおし、不自由なく使えるようになった後、初めてその入れ歯を使って新しい入れ歯の型を取ります。

その結果、新しく作る入れ歯は違和感のないかみやすい入れ歯ができます。

 

gisi-hokenn.jpg

保険の総入れ歯

義歯床がプラスチックで出来ています。
プラスチックの入れ歯は分厚くなりやすく、しゃべりにくかったり、違和感が強かったりすることがありますが、治療費が安い、修理がしやすいといったメリットもあります

 

 

metal_denture.jpg金属床義歯


義歯床が金属で出来ています。金属は強度があるので入れ歯を薄くすることができ、割れる事がありません。保険のものよりもしゃべりやすかったり、違和感が少なかったりする入れ歯を作れます。
 

金属なので金属アレルギーを発症する可能性があります。

 

総入れ歯の治療費  (上下どちらか片方の価格です) 

保険の総入れ歯は 約1万円で作ることができます。

金属床義歯 25万円 (税別)

 

インプラントと磁石を使った総入れ歯  柔らかい入れ歯

TOP

柔らかい入れ歯

 soft-dentture.jpg

 

 

裏側に柔らかい素材(軟性レジン)を使った総入れ歯ができるようになりました。

今までの入れ歯の悩みを大幅に改善することを目的に開発された新しい時代の入れ歯です。

 このような方にお勧めです。

 ・ 何度つくり直しても痛みが取れない。

 ・ 骨が出っぱっていてそこが入れ歯にあたり痛い   

特徴 

 ・クッション効果により噛み締めることができます。

 ・無味無臭です。

 ・精度が良いのでお口にぴったりと合います。

デメリット

シリコンを使うので、汚れが付きやすいです。定期的に裏打ち(入れ歯の内面)を取り換える必要があります。

早い人では6ヶ月ですが、5年以上そのまま使っている方もいらっしゃいます。

柔らかい入れ歯の治療費

 30〜50万円 (上下どちらか片方の価格です 税別 ) 

 裏打ちの費用:2〜3万円(税抜き) 

TOP

インプラントと磁石を使った総入れ歯

mag12.jpg 

  診療手順

  1. まず2〜4本のインプラントを埋めます。

、 2. その上に磁石式入れ歯を作ります。

  特徴

  1. 入れ歯の沈みこみが抑えられ動かない

  2. 強力な磁石で外れにくい、

  3. よく噛める入れ歯ができます。

 

磁石とインプラントを使った入れ歯の治療費

一本につき インプラント20万円 磁石10万円 (税別)

入れ歯は別途費用がかかりますが、場合により現在お使いの入れ歯に磁石を入れることも可能です。

TOP

ばねのない入れ歯

esthe.jpg

上の写真のように金属のバネが目立つ入れ歯 ⇒ 入れ歯である事が分からないない入れ歯にできます。

保険が利かないので、費用は自費になります。大きさにより15万円から25万円(別途消費税がかかります)


デメリット

強度はそこまで高くないので、噛み合わせによっては壊れやすい。

樹脂性のため柔らかさがあり、経年的に入れ歯の維持する力が緩くなる。

壊れた時の修理・調整が難しい。

TOP

新着記事一覧