保険でできる白い詰め物 当医院症例です。

歯医者に行くと銀歯にされると思っている方に、白い詰め物があります。 

白い奥歯の詰め物/松戸市・市川市0.jpg

 

 

Arrows.gif

 

白い奥歯の詰め物/松戸市・市川市.jpg

当医院では1998年から金属の詰め物をやめ、ほとんどすべての詰め物を硬質レジンで行っています。今では数多くの経験と実績を持っています。松戸で1987年歯科医院開業以来、市川からも多数ご来院いただいています。 

上の写真は当医院で、奥歯を白い詰め物(硬質レジン)に変えた症例です。

通常2本詰めるのに30分ほどかかります。この症例では4本の詰め替えに2回の通院が必要でした。

奥歯のつめ物でよく使われている金属の代わりに硬質レジンで修復を行ないます。

 

【 詰め物にかかる時間 】

硬質レジンのつめ物は約30分の治療で、その日のうちに終了します。金属のつめ物の場合はたとえ1本の治療でも、終了するのに2回の来院(1、型とり、2、装着)が必要でした 。

 

【 詰め物の費用 】

硬質レジンは、自然な歯の色に近いつめもので、保険治療でおこなえます。つめ物の治療費は1本で約1000〜1500円の窓口負担金です(3割負担の場合)。

すべての詰め物を保険で白い詰め物に出きる訳ではありません。むし歯や何の不都合もない歯を審美的な問題だけで再治療することを保険は認めていません。また、詰め物があまりにも大きい場合は型採りをして詰め物を作ったり、歯髄(歯の中の神経)が死んでいる場合は被せなければならない場合もあります。このような場合は保険適用外になることもあります。

松戸 歯科 重合器

中村デンタルクリニックでは、患者さんがお口を開けている時間をできるだけ短くなるよう、2012年より従来の光照射器をデンマーク製のものに変えました。

 

以前の使用していたプラズマ照射器より小型で、扱いやすいためより短時間で完全に詰め物を固めることができます。

 

この硬質レジンの詰め物を短時間で硬化できる光照射器は、従来30秒かかっていた硬質レジンの硬化時間を1秒〜3秒に短縮します。

 

保険で出来る白いかぶせ物

審美歯科の実際の中にある保険の前歯の被せ物/硬質レジン前装冠症例をご覧ください。 

 

大きい詰め物

あまり大きい詰め物は硬質レジンでは割れたり欠けてしまったりします。

この場合保険で白い詰め物をすることは出来ません、従って従来の金属の詰め物になります。

保険を使わない詰め物はセレックをお勧めしています。

 

【 お願い 】

現在お電話での「保険でできる奥歯の白い詰め物」の問い合わせが大変多くなっております。すべての疑問にお答えしたいのですが、お一人お一人お口の中の状態は異なっており、実際に診査の上診断をしないとこの記事以上の事はお答えできません。大変申し訳ありませんがお電話での対応は致しかねます。

もっと詳しくお知りになりたい方は御予約のうえ是非御来院下さい。皆様のお悩みに応えられるよう最善の治療方法を相談しましょう。

new-logo.jpg

新着記事一覧