インプラントや入れ歯の治療費が高いと思われている方に

歯医者さんで行なうインプラント等の自費治療は見た目の改善を主な目的とする美容整形とちがい、確定申告でお金がもどってきます。

インプラント診療等にかかった歯科治療費は医療費控除の対象になります。患者さんの負担を軽減するために設けられた制度です。一年間に10万円以上支払った場合、所得税の一部が戻ります。

インプラント診療などを行った場合は忘れずに確定申告時に申請してください。場合によってはかなり負担が軽減されます。

実際に戻ってくる金額は控除額に所得に税率をかけた金額です。 

[ 控除額 ]=[ 医療費の総額 ]−[ 所得額の5%もしくは10万円(どちらか少ない方)]

 

所得に応じた医療費控除額表  税率は年毎に変わる可能性があります。お確かめください。   2008年現在。

 所得金額

所得税 

住民税 

合計金額 

200〜330万以下

 控除額 ×10%

 控除額 ×10%

 控除額 ×10%

330〜695万以下

 控除額 ×20%

 控除額 ×10%

 控除額 ×30%

695〜900万以下

 控除額 ×23%

 控除額 ×10%

 控除額 ×33%

900〜1800万以下

 控除額 ×33%

 控除額 ×10%

 控除額 ×43%

1800万以上

 控除額 ×40%

 控除額 ×10%

 控除額 ×50%

医療費が50万の場合

所得金額

所得税 

住民税 

合計金額 

200〜330万以下

40,000円

 40,000円

 80,000円

330〜695万以下

80,000円

 40,000円

 120,000円

695〜900万以下

92,000円

 40,000円

132,000

900〜1800万以下

132,000円

 40,000円

 172,000円

 1800万以上

160,000円

 40,000円

 200,000円

医療費が100万の場合

 所得金額

所得税 

住民税 

合計金額 

200〜330万以下

90,000円

 90,000円

 180,000円

330〜695万以下

180,000円

 90,000円

 270,000円

695〜900万以下

207,400円

 90,000円

297,000

900〜1800万以下

297,000円

 90,000円

 387,000

1800万以上

360,000円

 90,000円

 450,000円

医療費が150万の場合

所得金額

所得税 

住民税 

合計金額 

200〜330万以下

140,000円

140,000円

 28,0000円

330〜695万以下

280,000円

140,000円

420,000円

695〜900万以下

322,000円

140,000円

 462,000円

 900〜1800万以下

462,000円

140,000円

 602,000円

 1800万以上

560,000円

140,000円

 700,000円

医療費が200万の場合 

所得金額

所得税 

住民税 

合計金額 

 200〜330万以下

190,000円

190,000円

380,000円

330〜695万以下

380,000円

190,000円

 570,000円

 695〜900万以下

437,000円

190,000円

 627,000円

 900〜1800万以下

627,000円

190,000円

 817,000円

 1800万以上

760,000円

190,000円

 950,000円

太字が戻ってくる金額です。

申告方法

医療費控除の申告は、インプラント治療で支払った治療費の領収書のほかに、通院にかかった交通費の合計を出します。 また、他の病院でかかった費用や、薬局で買った薬などの費用を合算します。

所定の申告書に記載して提出すれば、後日、指定した口座に還付金が振り込まれることになり、場合によっては治療費の半分以上が還付されるケースもあります。

国税庁等のホームページを参考になされるのもいいでしょう。

TOP

新着記事一覧